NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のあらすじネタバレストーリー

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のあらすじネタバレストーリーを紹介して行きます

NHK連続テレビ小説 ひよっこ あらすじ・ネタバレ・ストーリー 第73話

NHK連続テレビ小説 ひよっこ あらすじ・ネタバレ・ストーリー 第73話

朝ドラのNHK連続テレビ小説 ひよっこ
あらすじ・ネタバレ・ストーリー第73話
を簡単に紹介させて頂きます

 

      スポンサーサイト


〓 NHK連続テレビ小説 ひよっこ 〓 

第73話「内緒話と、春の風」
【ネタバレ・あらすじ・ストーリー】

1966年4月、ちよ子(宮原和)
は中学生になりました

通学かばんをプレゼントしたみね子
有村架純)はお礼の手紙をもらい

ますます仕事へのやりがいを感じて
いました


 

     (楽天サイト提供)

ある日警察を辞めて茨城に帰ってた
綿引(竜星涼)が突然すずふり亭を
訪れます

実(沢村一樹)の事で何か分ったら
教えてくれと同僚に頼んでおいた所
新しい情報が入ったというので

鈴子(宮本信子)ら店の仲間が見守る
なか実に起こった出来事を聞き・・・



送料無料/〔予約〕ひよっこ 上/岡田惠和/国井桂   
楽天サイト提供) 


〓 NHK連続テレビ小説 ひよっこ 〓 

第73話「内緒話と、春の風」
【ネタバレ・あらすじ・ストーリー】
 
最後までお読み頂き有難うございました
良かったらポチッと応援宜しくお願い致します
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ

 

      スポンサーサイト